年収を3倍にするならこれ【主要プログラミング言語3選】

収入を上げたいエンジニア
プログラミング言語って、どの言語を勉強すればいいですか?
ぼく
新しく言語を勉強するなら、Web系の言語一択ですね!!
Web系の言語ってどんな言語ですか?
ブラウザとかで使えるシステムとかを作れるRubyとかPHPとかですね!!
なんでWeb系の言語がオススメなんですか?
理由はたくさんあるんで説明しますね!

 

どうも。フリーエンジニアのアルトです。

最近、「プログラミング言語を勉強するなら、どの言語を勉強するのがオススメですか?」って質問を受けることがあるので、今日はそれについて書きたいと思います。

プログラミング言語はたくさんある

まずはじめに、プログラミング言語は世の中にたくさんあります。

僕が今パッとおもいつくだけでも、Ruby、PHP、Java、Python、Perl、C、C#、C++、Scala、COBOL、Javascript、HTML、CSS、Swift、Objective-C、.net、アセンブリ言語…

他にも、マイナーな言語を含めると世界中で、次々にプログラミング言語が誕生しています。

正直、挙げだしたらキリがありません。

ただ、言語ごとに特徴や得意なこと・得意でないことなどが異なります。

上で挙げた言語を大きく分けると、以下のようになります。

1. Web系の言語
Ruby、PHP、Java、HTML、CSS、Javascript、Python、Perl、Scala

 

2. 組み込み系の言語
C、C++、アセンブリ言語

 

3. 業務アプリ系の言語
Java、COBOL、Python、.net、C#

 

4. スマホアプリ系の言語
Swift、Objective-C、Java

基本的にはプログラミング言語ごとに得意な領域が異なったりするのですが、JavaやPythonのようにWeb系や業務系など、どんなシステムやアプリでも開発することのできるプログラミング言語もありあす。

〜系プログラミング言語の特徴と違い

1. Web系の言語

Web系言語の特徴は、Google ChromeやFirefox、Internet Explore、Safariなどのブラウザ上で動作するアプリケーション開発を得意とすることです。正直言って、世の中のシステムやアプリケーションの大半はWeb系のシステムで動いてるんじゃないかなと思います。

そのため、必然的に仕事の量もとても多く、収入も高い傾向にあります。

また、最新の技術を積極的に取り入れていくベンチャー企業などがよく好んで使うのも、このWeb系の言語です。

Web系の言語で案件を探すと「高単価」「リモートワーク」「週3勤務」など自由度の高い企業と出会える可能性が高いです。

▼▼下記の記事も参考にしてください▼▼

リモートワークで働きたいエンジニア必見のプログラミング言語Top3

2. 組み込み系の言語

組み込み系言語の特徴は、家電製品や機器などの「独立した機械の中に組み込まれたコンピューターを制御するためのシステム」を開発するためのプログラミング言語です。

簡単に言えば、家の洗濯機とか電子レンジとかの中にも小さいマイクロコンピュータ的なものが入ってて、それらが機会を制御しているから、電子機器を正常に動作させることができます。

これらの機器を制御するためのプログラムを書くための言語が組み込み系の言語です。

こちらの言語は、案件を見てみるとわかるのですが、単価が少し低い傾向にあります。Web系の言語だと業務経験3年とかあれば月80万とか余裕で超えますが組み込み系の言語だと月45万〜50万とかの単価になってしまうこともしばしばあります。

また、組み込み系の言語の全てに共通して言えることですが、とても難しいプログラミング言語なので、学習するのに時間がとてもかかります。

3. 業務アプリ系の言語

この言語は、基本的に企業の中で「勤怠管理」や「交通費清算」など業務を自動化するために開発されるアプリケーションです。

社内の機密情報などを扱うこともあるので、リモートワークなどはあまり期待できないかもしれません。

また、ベンチャー企業よりも、大企業や銀行系のシステムで採用されることが多く、昔ながらの固い雰囲気の現場が多いのも特徴です。

僕が驚いたのは、業務系のアプリケーションを受託している案件を受けたとき、「私服不可」という条件がありましたw

今の時代に、真夏にネクタイを締めている人も多く、とても驚いたのを覚えています。

4. スマホアプリ系の言語

こちらの言語は、名前で分かると思いますが、iphoneやandroidなどのスマートフォンやタブレットなどで動くアプリを開発する際に用いられるプログラミング言語です。

基本的に、iphoneやiPadのアプリはObjective-C、Swiftという言語、androidアプリはJavaという言語を用いて開発されています。

Web系の言語ほどではないですが、こちらの言語も収入面・案件数で悪くはないのですが、少し学習する際の難易度が高いかなという印象です。

僕のオススメする最強プログラミング言語

大まかにプログラミング言語の特徴を説明したので、ここからは様々な目線から見たときの、勉強するのに最適なプログラミング言語を紹介したいと思います。

まず、上で記載した通り、収入面仕事の多さ将来性を総合的に考えた上でWeb系の言語を学習することを全力でオススメします。

特にこれからの時代、組み込み系の言語はあまりオススメできません。

スマホアプリ系の言語も悪くはないですが、学習難易度も高いので、最初に学習する言語としてはオススメできません。

実際に、【midworks】ポテパンフリーランスなどのフリーエンジニア向けのエージェントでも、Web系の言語は高単価であり案件数も豊富にあることが分かります。

▼▼参考に、オススメのフリーエンジニア向けエージェントもいくつか紹介してます。▼▼

エンジニアが独立したら最初に登録すべきエージェント5選【徹底比較】

 

プログラミング初学者の場合

1. Ruby + HTML、CSS

まずプログラミング初学者の場合、Rubyをオススメします。Rubyはフリーエンジニアとして独立する際にも比較的に単価が高い傾向にあります。

3年くらいRubyやってるエンジニアであれば、フリーなら月単価80万〜って感じですかね。

また、この言語は比較的に習得難易度が非常に低い言語ですし、RailsチュートリアルというWebシステムを開発する際のお手本などもあるので、自分でWebシステムを1から作ってみたいと思ったときにも参考にしやすいです。

また、初学者の場合は、今すぐ理解するのは難しいですが、基本的に現場での開発は一人で行うわけでなくチームで開発を行います。その際によく、フレームワークというものを使ってシステムを開発します。

特に複数人で開発を進める場合、それぞれが好きなようにプログラムを組んでいては収まりがつかないでの「この骨組みに沿って開発を進めてね」というガイドのようなものと認識しておけば大丈夫です。

フレームワークは各言語ごとに様々なのですが、Rubyの場合は、ほぼ一択でRuby on Railsというフレームワークを使用します。

なので、様々なフレームワークを勉強する必要がないという観点でもRubyはオススメです。

2. PHP + HTML、CSS

次に僕がオススメするプログラミング言語がPHPです。

基本的にプログラミングをする際は、言語ごとに規則があり少しでも規則と異なる書き方をした場合はエラーと言われてしまい、プログラムが動きません。

しかし、PHPの場合はその規則がとても緩く、ある程度何を書いても動いてしまうという特徴があります。

そのため、初学者が最初に学習する言語としては人気が高く、オススメできます。

また、この言語を身につけてしまえば、案件数も比較的に多く、フリーとして独立したとしても仕事に困ることはまずありません。

案件の単価も悪くはなく、月単価60万〜80万くらいまで狙っていくことができます。

特に、初心者の場合はUdemyProgateなどで学習をするのがオススメです。

既に何かしらのプログラミング言語を一通り学んでいる場合

1. Java(学習済みの場合はRuby、PHPの中で学んでいない言語 + Javascript)

Ruby、PHPのどちらかの内、一つでもプログラミング言語を覚えている場合は全力でJavaをオススメします。

理由としては、まず案件数が圧倒的に多いです。どこのエージェントで質問をしても、やはり一番案件数が多いのはJavaと口を揃えていいます。

そのため、Javaを身につけてしまえば、独立しても仕事がなくて困るなんてことにはなりません。

また、単価に関しても高い傾向にあり3年くらいの経験のあるJavaエンジニアであれば月単価80万は軽く超えてきます。

また、Javaは開発できる範囲がとても広く、Web系のアプリケーションから業務系アプリ、andriodアプリまで開発可能なマルチタスクな言語なので、習得することのメリットはとても多いかと思います。

唯一デメリットを上げるとすれば、あまりベンチャー企業はJavaを使っていないので、絶対にベンチャー系の企業で働きたいという場合はJava以外にもRubyやPHPを勉強しておくといいかと思います。

また、業務系のシステムで採用されることが多いこともあり、リモートワークとの相性はあまり良くないかもしれません。

と言っても0ではないので、midworksなどのエージェントで探してみるのもいいかもしれないです。

まー、Java以外にもWeb系の言語を身につけているのであれば、基本的にはベンチャー企業やリモートワーク可能な案件を探して、あまりいい条件の案件が見つからないときに、Javaでも探してみるというのもいいかもしれないです。

つまり、Javaを一つ覚えるだけで、収入面でのリスクヘッジになるということです。

2. 各言語のフレームワーク

既にJava + Ruby、PHPのようなスキルを身につけているのであれば、新しくプログラミング言語を習得するよりもフレームワークを学習することをオススメします。

前述の通り、現場では複数人で開発を行うことになるので、何かしらのフレームワークを使って開発を行うことになります。

そのため、フリーエンジニアの面談では「〜のフレームワークの使用経験はありますか?」など聞かれることもあります。

なので、既にJavaやRubyの基礎的な部分を習得しているのであれば、フレームワークの学習をしたほうが受けれる案件の数も増えるし、契約単価も高くなりやすいです。

僕のオススメのフレームワーク

Ruby : Ruby on Rails

 

PHP : Laravel、cakePHP、FuelPHP

 

Java : Spring、Struts2

3. Java、ruby、PHPを一通りかける場合

1. javascript + jQueryやajaxなどのUI部分の知識

正直、Java、Ruby、PHPの3つを扱えるだけで相当レベルの高いエンジニアですし、それだけで仕事に困ることはまずありません。

が、もっとスキルを高めたいという場合は、javascriptとかjQuery、ajaxとかを勉強してみるのはオススメです。

というのも、Java、Ruby、PHPでは主にバックエンドを担当することが多いかと思います。

POINT

バックエンド : サーバやデータベースなどの目に見えない部分の処理

 

フロントエンド(UI) :ユーザがボタンを押した時などの動きなどの目に見える部分の処理

なので、フロントエンドも触れるエンジニアを目指すのであれば、最良の選択だと思います。

また、何かアイディアを形にしてサービスを立ち上げて起業する場合も、バックエンドもフロントエンドも自分で開発することができたら、本当に強いですよね。

もはや、一人でサービス立ち上げれちゃうレベルを目指せます。

2. 各言語のフレームワーク

前述の通りです。

3. Python、ScalaもしくはSQLなどデータベース周り

正直、Java、Ruby、PHPの3つの言語が使えて、フロントエンドも扱える時点で相当なレベルで月単価100万とかも狙えちゃうレベルですが、もっとスキルを横に広げていきたいのであれば、PythonやScalaなどのプログラミング言語を習得するか、SQLなどのデータベース設計もできるエンジニアを目指すかの2択かなと思います。

Python

PythonもJavaと同じくWeb系のシステムから業務系のアプリケーション、デスクトップアプリケーションまで幅広く開発が可能な汎用性の高いプログラミング言語です。

また、コードがとてもキレイに書けることが特徴です。

Pythonは人工知能(AI)の開発などにも用いられており、比較的に単価がとても高いです。AIの案件自体はまだまだ少ないのが現状ですが、できる技術者がとても少ないので、身につけたら強い武器になります。

Scala

この言語はとても新しい言語で、少し難しい言い方をすれば、関数型の言語とオブジェクティブ指向型の言語の考え方のいいとこ取りをしたような言語です。

また、比較的に新しい言語でもあるので、ネットなどで検索してもヒットする情報も少ないです。

しかし、AIと同じで扱える技術者がとても少ないので、単価もとても高く80万〜100万くらいまで狙える激アツな言語ではないでしょうか。

言うまでもなく、初心者がいきなり挑戦しても絶対に挫折するのでオススメできません。

SQLなどのデータベース周り

プログラミング言語とは少し違いますが、データベース周りを理解しているエンジニアって意外と少ないんですよね。

「バックエンドを中心にやってきました」とか「フロントエンドをずっと触ってました」ってエンジニアが圧倒的に多いです。

そのため、(もちろんJavaやRubyを扱える上での話ですが) 「SQLとかのデータベース周りのさわれます」って言うと、それだけで大きい武器になるんですよね。

稀にですが、面談で「SQLのチューニング経験はありますか?」とか聞かれる現場もあるようなので、押さえていて間違いのないスキルであるのは確かです。

さいごに

プログラミング言語は、本当に多くの数があるので、全てを覚えるとかはまず無理です。(そもそも、組み込み系の言語はエンジニアとして独立を狙うのであれば、あまり必要ないです。)

そもそも、Ruby、PHP、Javaの3つの言語をしっかりとマスターするだけでも月単価80万以上は余裕で取っていけます。

「3つもプログラミング言語を覚えるの大変そう・・・」って思うかもしれないですが、プログラミング言語って一つの言語を覚えたら、他の言語も基本的な考え方は同じで、書き方が微妙に違う程度の差なので、2つ目の言語を覚えるのは楽勝です。

標準語と関西弁の違いのようなものです。

1つめのプログラミング言語を覚えるときに、一番エネルギーを使いますw

だからこそ、最初に取り掛かる言語は、習得難易度が低いRubyやPHPを全力でオススメしているということです。

重要POINT

1つ目の言語を覚える労力 : 2つめ以降言語を覚える労力 = 9 : 1

▼▼プログラミング学習においては、以下の記事も参考にしてください▼▼

未経験から1年でフリーエンジニア – 最速でスキルが身につくプログラミングスクール5選

まとめ

・収入を上げたい or 独立を目指すのであれば、Web系のプログラミング言語一択

・初学者が勉強するなら、まずはRubyから

・Web系の中でもJava、Ruby、PHPの3つを勉強すれば月80万は余裕

・余力があればフレームワークも一緒に勉強すると効率的

・サーバエンド、フロントエンド、データベースを扱えるエンジニアは神

・一つの言語を覚えたら、他の言語を覚えるのは超簡単(標準語と関西弁の違いのようなレベル)

エンジニアが独立したら最初に登録すべきエージェント5選【徹底比較】

エンジニア転職するなら登録必須のエージェント4選【徹底比較】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA