エンジニア転職するなら登録必須のエージェント4選【徹底比較】

はじめに:

こんにちは。

フリーエンジニアのアルトです。

正社員であれ、フリーランスであれ、IT業界はとても平均年収が高いです。

特に、フリーエンジニアは月収が高く、1年程度の実務経験があれば月収50〜60万程度が一般的な相場であり、3年経験のあるエンジニアであれば、月収80万ほどの単価をもらえることも少なくありません。

また、フリーエンジニアだけでなく、正社員でエンジニアをする場合も、他の職種と比 較してIT業界の平均年収は頭一つ抜けています。

現在、1年程度の正社員エンジニア経験があれば、今すぐフリーエンジニアになって月収50万円以上と取ることも難しくありません。

しかし、プログラミングが未経験で、将来的にフリーエンジニアとして独立を考えている場合は、ベンチャー企業などで1年程度の実務経験を積み、フリーエンジニアで独立をするというのが効率的です。

今すぐフリーエンジニアの案件を探したい方はこちら

 

エンジニアが独立したら最初に登録すべきエージェント5選【徹底比較】

 

特に独立を考えていないといった場合でも、今の会社がとてもブラック企業であったり、中小企業でIT企業なのに安月給であるという場合は、転職をするかしないかは別として、とりあえずIT転職エージェントに登録して、いつでも転職できるように情報を取得しておくというのは、リスク回避のためにもオススメです。

なので今日は、大企業、中小企業、ベンチャー企業、またSierやWeb系など様々な企業でエンジニアを経験してきた僕が、自信を持ってオススメするIT転職エージェントをいくつか紹介しようと思います。

僕がオススメするIT転職エージェント4選

ギークリー



ギークリーの強みは、IT業界、Web業界、ソーシャルゲーム業界を専門に転職支援を行なっているという点です。

ソーシャルゲーム業界を専門にしている転職エージェントは少ないので、ゲーム開発に興味のある人は登録必須です。

また、IT業界未経験者だけでなく、既にエンジニアとしての経験のある人の転職では年収700万以上の求人も複数用意しているので、正社員でエンジニアをしており、さらに年収をアップさせてい方も登録しておいて間違いのないエージェントです。

特に、ギークリーでは今までの経験を問わず、未経験からでもエンジニアを目指したい人の転職を多く実現しているので、全くの未経験からでもエンジニアを目指したい人にもオススメのエージェントです。

また、一般的に、高齢になるほど転職活動の難易度は上がりますがギークリーに登録している転職希望者の年齢層は20歳〜50歳と幅広く、50歳を超えてからの転職実績もあります。

なので「転職するにうは年齢的に遅すぎるかも」と悩んでいる方も、一度、無料面談に行ってみて、相談してみるのもオススメです。

 

ギークリーへの登録はこちら

 

IT・WEB・ソーシャルゲーム業界への転職ならGEEKLY

レバテックキャリア



レバテックキャリアIT業界、Web業界に特化した転職支援を行なっており、4,000件を超える求人登録数を誇る国内最大規模のIT転職支援エージェントです。

大手ならではのノウハウと交渉力で、年収を290万をアップして転職を成功させた実績もあります。

応募書類の準備から面接対策まで、専任のキャリアコンサルタントが親身にサポートしてくれるのも強みです。

また、親会社がレバレジーズ株式会社であり、正社員転職のエージェントだけでなく、フリーエンジニア専門エージェントであるレバテックフリーランスの運営も行なっています。

レバテックキャリアの専門キャリアコンサルタントが、フリーランスで独立するという目標を見据えた上での求人を数多く紹介してもらえる上に、フリーランスになる際はスキル面などの情報をレバテックフリーランスと連携できるので、スキルや条件に合致した案件紹介をスピーディーに受けることが可能です。

そのため、将来的にフリーランスとして独立を考えており、実務経験を積むために正社員エンジニアとして働こうと考えている場合には、登録必須のエージェントです。

 

レバテックキャリアへの登録はこちら

 

IT・Web業界での転職なら【レバテックキャリア】

マイナビエージェント×IT



マイナビエージェント×ITは、CMでおなじみのマイナビの系列会社で、IT・Web業界に強い転職エージェントです。

求人情報を掲載していない優良企業や多くの人事採用担当者との間に太いパイプを持っているので、他のエージェントでは見つからない好条件の掘り出し求人が見つかることもあります。

IT業界出身のキャリアコンサルタントが直接、一人ひとりにマッチした求人を提案してくれるので、エンジニアならではの悩みや相談などもしやすい環境が用意されています。

また、サポート体制も充実しており、応募書類の準備から面接対策まで、徹底的なサポートがついているのも魅力の一つです。

さらに、取り扱いしている業種の数が豊富で、数ある業種の中から自分の身に付けたいスキルや挑戦したい分野に絞って応募することができます。

▼▼取扱職種▼▼

 

・プロジェクトマネージャー(WEB、オープン、汎用、制御・組込)

 

・システムエンジニア(WEB、オープン、汎用、制御・組込)

 

・プログラマー(WEB、オープン、汎用、制御・組込)

 

・社内SE

 

・ネットワークエンジニア

 

・サーバーエンジニア

 

・セキュリティエンジニア

 

・データベースエンジニア

 

・システムコンサルタント(業務系、テクニカル系)

 

・パッケージ導入コンサルタント(ERP、CRM、SCM等)

 

 

マイナビエージェント × ITへの登録はこちら

 

SE・プログラマーの転職『マイナビエージェント×IT』

ワークポート



ワークポートの特徴は転職決定人数部門 第1位を受賞している実績のある転職エージェントです。

IT・インターネット業界だけでも約2,000社との取引実績があり、常時15,000件の求人を保持しています。

未公開求人の数も豊富で、各業界の転職のプロフェッショナルによる専門性の高いサポートを受けられるのも特徴です。

求人の斡旋だけでなくサポート体制も充実しており、応募書類の添削、面接対策、年収の交渉、円満退職までをトータルでしっかりとサポートしてもらうことができます。

また、転職活動の進捗状況が一目で確認できるツール「eコンシェル」を会員に提供しており、オススメ求人や非公開求人をリアルタイムで確認したり、面談予約までも管理画面上から申請することができます。

 

登録は複数エージェントの一括登録がオススメ

エンジニアとして年収や働き方に満足した転職を成功させたいときに覚えておいてほしいことがありまして、それは複数の転職エージェントに登録して、複数の転職エージェントで並行して求人に応募するということです。

理由は、転職エージェントによって保持している求人が違うからです。

例えば、IT業界に強いエージェントでも、転職エージェントAではWeb系の求人が多く、転職エージェントBではゲーム系の求人が多いというケースがあります。

そのため、できるだけ多くの転職エージェントに登録することで、より多くの求人の中から自分に最適な求人を厳選することができます。

※ 転職を迷っている人へ

「プログラミングとかしたことないけどエンジニアに転職できるのか」や「自分のスキルで年収アップできるのか」と悩むのは当然だと思います。

なので、せっかく悩むのであれば、情報を持った上で悩むというのがベストだと思います。

転職エージェントでは、「今すぐ転職したい」という人だけでなく、「今後、いい求人があったら転職したい」や「まずは情報収拾のみ」という人の登録も歓迎されています。

なので、転職をするか迷っているという人は、登録・利用は無料なので、相談をしてみて “自分とマッチする求人はありそうか” や “プログラミング未経験でもエントリー可能なIT企業はどれくらいあるのか” という情報を複数のエージェントからもらった上で、たくさん悩むというのがベストな選択だと思います。

▼▼今すぐフリーエンジニアの案件を探したい方はこちら▼▼

エンジニアが独立したら最初に登録すべきエージェント5選【徹底比較】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA