【悩んでるなら必見】エンジニアで独立するベストタイミングとは

正社員エンジニア
フリーエンジニアに興味はあるけど、どこまでスキルをつけたら独立できるか知りたいです。

 

こんにちは。

フリーエンジニアのアルトです。

僕の知り合いでも多いのですが「フリーエンジニアには興味あるけど、どのタイミングで独立していいか分からない」って人が案外多いですね。

今日は、エンジニアとして独立するベストなタイミングについて解説していきたいと思います。

実際は1年くらいのプログラミング経験があればなれる

僕も正社員時代は、「フリーエンジニア = 何でも一人でこなせるフルスタックエンジニア」だと思っていました。

しかし、実際には1年程度の実務経験もしくはそれと同等くらいのスキルがあれば、フリーエンジニアとして独立することはできます。

上記の画像は、ポテパンフリーランスに掲載されている求人です。

このように、実際には1年程度の経験があれば、応募可能な求人が多くあります。

IT業界は仕事がとても多いのに対して、エンジニアの数が圧倒的に足りてません。

現状、1人のエンジニアに対して仕事が3つ以上ある状態です。

特に東京や大阪ではエンジニア不足が深刻で、どこの企業も人出が足りていません。

ベストなタイミング

まず、結論から言うと「悩んでる今」が正解です。

だって、ITスキルが全くない人やプログラミングをしたことない人が「フリーエンジニアとして独立してみようかな」なんて思わないですよね。

つまり、迷ってるということは、多少なりとも「自分のスキルでもフリーエンジニアとしてやっていけるかもしれない」という気持ちがあるから、悩んでる訳ですよ。

要は、「自分のスキルが、フリーエンジニアとしての実力に足りていないんじゃないか」という点が不安で悩んでいる人が多いはずです。

エンジニア経験が0の人はまずは実務経験を

IT業界が人手不足とは言え、全くプログラミングの経験がない人がいきなるフリーエンジニアになれるかというと無理です。

まずはプログラミングの実務経験を積むことができる企業で1年程度働くことがオススメです。

特に、実務経験を積む目的なら、大企業ではなくWeb系のベンチャー企業に就職することを全力でオススメします。

しかし、3年や4年も実務経験を積む必要はなく、1年程度のエンジニア経験を積んでおけば、フリーエンジニアになっても仕事に困ることはないでしょう。

下記で紹介しているようなエージェントに相談して、さくっと1年くらいエンジニア経験を積んじゃいましょう。

【徹底比較】エンジニア転職するなら登録必須のエージェント3選

1年くらいのエンジニア経験のある人は今すぐでもなれる

上述の通り、既に1年くらいエンジニアをしている人は今すぐでもフリーエンジニアになれますし、仕事に困ることもまずないです。

ですが、最初は「仕事が継続的に取れるのか?」や「本当に自分のスキルで独立できるのか?」など心配も尽きないと思います。

なので、midworksなどの給与保証型のエージェントを使ってフリーエンジニアになるのも一つでしょう。

ぶっちゃけ、フリーランスなのに給与を保証してくれるって、普通に考えたらすごすぎますw

【取材記事】給与保証付きのフリーエンジニア専門エージェントmidworksで直接取材してみた

特に、未経験からのエンジニア転職は早い方がいい

未経験からエンジニアを目指して、後々はフリーエンジニアになりたいと考えている人は、特に、早めの転職活動をオススメします。

理由は上記のツイートの通りなのですが、他にもあります。

20代の内は未経験からでもポテンシャル採用なので割と簡単にエンジニアになれます。

しかし、30代を超えると未経験からのエンジニア転職の難易度が少し上がります。

そして、40代を超えての未経験からのエンジニア転職はとても難易度が上がります。

なので、完全な未経験からエンジニアを目指すのであれば、早いに越したことはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA