“良い” プログラミングスクールの定義【選定の基準を解説】

こんにちは。

フリーエンジニアのアルトです。

IT業界には仕事が腐る程あるので、その恩恵もあって実務経験が1年とかでもフリーエンジニアとして独立して月収50〜60万ほど稼ぐ人が増えてきました。

この勢いに伴って、プログラミングスクールの数も数年で急激に増えており、スクールによって様々な制度やシステムを導入しています。

過去の記事で、プログラミング業務未経験でフリーエンジニアになった僕が、自信を持ってオススメするプログラミングスクールをいくつか紹介しましたが、どのような基準でプログラミングスクールを選定するのがいいかという基準について、いくつか書きたいと思います。

受講者へ対するサポート体制

1つ目は、当たり前ですが、専属講師によるサポートが徹底されているかという点です。

プログラミングを初めて学習する人の挫折率が高いのは、プログラミングが分からないというより、プログラミングの “勉強の仕方” が分からないという理由が多いです。

特に最初は、「何から勉強をすればいいのか」や「どのようなスケジュールで、どのカリキュラムをやればいいか」ということが分からないので、1から10まで手取り足取りで全て教えてくれるレベルのスクールが望ましいです。(導いてくれるレベルが理想です。)

また、座学はなく、パソコンを用いて実際にプログラミングを一緒に行っていくことで実力がついていくので、より実践に近い形でのプログラミング経験を積むことが大切です。

なので、自分でWebアプリなどを作ってみて、分からないことを質問できたり、より現場での実践に沿った形での講義を受けられるスクールがオススメです。

学習者に最適なオリジナル教材

2つ目は、学習者に合わせて様々なオリジナルの学習カリキュラムを用意しているということです。

プログラミングスクールに通う人は主に、以下の3つのパターンの人がいます。

プログラミングスクールに通う3パターンの人

 

プログラミング未経験者

 

独学や趣味でプログラミングをしてきた人(業務経験のない人)

 

既にエンジニア経験はあるが、別のプログラミング言語にスキルチェンジしたい人

 

プログラミング未経験者の場合

一番多い王道パターンが、未経験者がプログラミングスキルを身につけるためにスクールに通うというパターンです。

上でも述べたように、プログラミング未経験者は、「何から勉強をしていいのか分からない」という人が多いです。

まずは、プログラミングの勉強方法から勉強していくことができます。それと並行して最初は、”Hello World”を表示するだけの単純なプログラミングから学習し、徐々にWebアプリの作成方法を学習し、最終的には一人でもWebアプリを作成できるまでのスキルを目指すことが理想です。

どんなスーパーエンジニアであっても、最初は画面上に「Hello World!」と表示させるところがスタートなんじゃないでしょうか。

独学や趣味でプログラミングをしてきた人(業務経験のない)の場合

独学や趣味でプログラミングを学習してきた人は、ある程度の簡単なWebアプリは作成できるという人も多いです。

しかし、独学や趣味でプログラミングしてきた人の最大の弱点は、業務経験がないので、”チームで開発を行う”や”ソースのバージョン管理” という概念がよく分かっていないということです。

独学や趣味の場合、複数人での開発ではなく、一人で開発を行ってきたということが多いです。

実際に正社員もしくはフリーエンジニアとして現場に入る場合には、複数人で一つのシステムを開発することになるので、そのような概念を理解していないと現場でたちまち困ることも多いです。

なので、開発の概念やチームで開発を行う上での必須知識も身につけることができるという点も、プログラミングスクールを選ぶ上での重要なポイントです。

また、特に独学でプログラミングを学習していた人は特にフレームワークを使った開発経験がないというケースも少なくありません。

そもそも、フレームワークとは、”そのフレームワークのルールに従ってプログラミングを行うことで、より短い時間で、より簡単にアプリを作成することができる”というのが最大の特徴です。

そのため、現場ではフレームワークを導入し、限られた時間の中で効率的に開発を進めるために何かしらのフレームワークを用いて開発を行うことが一般的です。

しかし、独学の場合は、効率やセキュリティなどを意識する必要もなく、また作ったアプリを納品する訳ではないので、”うまく動けばそれでいい”と妥協する箇所も必然的に多くなります。

フレームワークを導入した開発の経験を多く積めるというのも、独学でプログラミングを勉強してきた人には特に重要なポイントです。 

別のプログラミング言語にスキルチェンジしたい人の場合

意外と多いのが、既にエンジニア経験がある人がプログラミングスクールで勉強をするというパターンです。

具体的には、正社員で今エンジニアをしているが、会社員でエンジニアをしていると会社で採択しているプログラミング言語のスキルしか身につけることができないので、スクールに通って別のプログラミング言語のスキルを身につけるというパターンです。

実際に、僕の知り合いのフリーエンジニアでも、元々はJavaで正社員エンジニアをやっていたけど、Rubyにスキルチェンジをするためにスクールに通い、Rubyでフリーエンジニアで独立をした人もいます。

その他にも

また、これは全てのスクールで行なっている訳ではありませんが、スクールを卒業後、転職に成功すればキャッシュバックを行なっているスクールもあります。

例えば、ポテパンキャンプでは、カリキュラムを修了した卒業生に対してRubyエンジニアとしての転職をサポートをしており、転職に成功すると10万円がキャッシュバックされる特典がついているので、実質無料でRubyエンジニアを目指せるというのが最大の特徴です。

また、金額だけでスクールを選ぶのは少しもったいなく、そのスクールで自分のつけたいスキルが身につくのかという点は絶対に確認しておく必要があります。

例えば、Pythonのスキルを身に付けたい人が、Rubyの講義しかやっていないスクールに入るのは、本来の目的とずれてきますよね。

転職・独立・フリーエンジニア支援などの手厚いサポート体制

3つ目は、独立、起業、フリーエンジニア支援などの技術面意外のサポートが手厚いという点です。

特に、初めて正社員としてエンジニア転職する場合や、初めてフリーエンジニアとして独立する場合などは、市場の雰囲気や単価面の相場などもイマイチ理解できていないことが多いです。

プログラミングスクールでは、提携先パートナー企業への紹介や、高単価・好条件でのフリーエンジニア案件を獲得するためのノウハウ指導、ポートフォリオ、面接・面談対策なども行ってくれるので、プログラミングスキルを身につけた後のサポートも手厚いので安心です。

特に、将来的にフリーエンジニアとして独立を考えている場合は、その旨をスクールに伝えておけば、より独立する際に必要なスキルやプログラミング言語が身につく企業への転職をサポートしてくれるので、是非伝えておくといいです。

まとめ:

未経験者・プログラミングを独学した人・既にエンジニアとして働いている人など、どのような経歴の人であっても、自分のつけたいスキルであったり、正社員からフリーエンジニアへのスキルアップのためのノウハウまで学ぶことができるという点は、プログラミングスクールを選ぶ上での重要な選定ポイントです。

そして、自分の将来のキャリアに合わせて、転職やフリーエンジニア独立のためのサポートしてくれるスクールであるかという点が重要です。

独学でも、Udemyなどの動画教材を使えば、プログラミングを学べないこともないですが、やはりプログラミングスクールで、いつでも分からないことを質問できる環境で学習を進めるというのは、スキルが身につくまでのスピードが全然違います。

また、プログラミングスクール費用も、エンジニアになれば格段に給与は上がり回収できるので、”将来への自己投資”と捉えて利用する価値はとてもあります。

少し迷っている人へ

プログラミングスクールでは、無料体験レッスンを受講することができるので、レッスンを受けて自分に合いそうであれば、スクールを利用するというのも全然ありだと思います。

というより、むしろ無料なので体験レッスンをしてから決めることをオススメします。

ネットや公式HPだけでは分からない雰囲気や学習の進め方を無料で体験することができるので、一度、無料体験レッスンを申し込みをしてみて、自分に合うか合わないかを判断することがとても重要です。

どうせスクールに通うなら、プログラミングを最速で学習しやすい環境や自分に合うメンターを選ぶこともとても大切です。

▼▼以下では、僕がオススメのプログラミングスクールをいくつか紹介しています▼▼

未経験から1年でフリーエンジニア – 最速でスキルが身につくプログラミングスクール5選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA