IT業界

フリーランスが失敗しないためにやっておくべきこと3選

どうも、有人です。

今日は「フリーランスが失敗しないためにやっておくべきこと3選」というテーマで、話していこうと思います。

最近は、コロナの影響とかもあって、正社員フリーランス問わず、仕事がなくなったりであったりとか、取引先が倒産したとか、ネットでも話題になってたんじゃないかなって思います。

僕自身はフリーランスのエンジニアとして普段活動しているんですけれども、他の業種に比べるとIT業界はまだコロナの影響は小さかったかなと思います。

飲食業とか接客業を営んでいるような業種の方は結構大変だったんじゃないかなと思います。

まぁ今の時代は、会社ですら倒産している時代なので、安定ってものは存在しない時代になってるんですけど、そんな中でも今後、フリーランスが事業を続けていく上で、失敗しないためにやっておくべきことを3つ話していこうかなと思います。

1. 収入源を分散する

1つ目が、収入源を分散するってことなんですね。

1つの取引先に売り上げが依存してしまうと、その取引先が倒産してしまったら自分の収益もゼロになっちゃいますよね。

例えばですけど、エンジニアであれば、1つの取引先から80万円もらうよりも、

2つの取引先から40万円づつお金をもらった方が、分散が効いてリスクヘッジになるって話です。

その場合だと、1つの取引先が倒産しても月収40万円もらえるわけなので生活に困る事は無いわけじゃないですか。

しかし、1つの取引先だけに依存してしまっていると、その会社が仮に倒産してしまった場合に自分の収入がゼロになってしまうって言う可能性だって0じゃないですよね。

ただ、フリーランスのエンジニアの多くは、週5契約の常駐案件が多いと思うので、常駐の仕事以外に副業として別の案件を持っておくと言うリスクヘッジの方法がいいんじゃないかなと思います。

あと、取引先だけじゃなく、プログラミング言語(= 自分のスキル)も分散しておくのがオススメかなと思います。

例えば、今のようなコロナの状況下だとJavaとかPHPができるエンジニアっていうのは案件を探しやすかったりするんですね。

もちろんJavaとかPHPと比較すると、GoとかScalaとかができた方が単価を取ると言う意味では強いですが、やっぱり案件の数が少ないので、このような状況下では少し不利になってくるかなと思います。

なので、攻めの技術としてGoやScalaをやっておくのはかなりオススメなんですが、守りの技術としてJavaやPHPを勉強しておくと言うのはかなりリスクヘッジになってオススメかなと思います。

実際、僕のフリーエンジニアコンサルを受講されているエンジニアの方も、JavaやPHPがメインスキルの方はコロナの状況下でも全然案件が決まっています。

あと、東京で案件を探す場合に限って言えば、Rubyのスキルでも案件を探しやすいかなと思います。

このあたりは、過去の動画でも話してますので、そちらも参考にしてください。

2. 固定費をなるべく下げる

2つ目は、固定費はなるべく下げておくってことです。

フリーランスになって年収が2〜3倍になって、それに伴って、タワマンとかに住んで家賃とかめちゃくちゃあげちゃう人とかいるんですね。

ですが、特に、駆け出しのフリーランスがこれをやっちゃうとかなりのリスクで、固定費は基本的に毎月払う必要のあるお金なので、固定費が上がるって事は、毎月絶対にその金額を稼がないといけないってことになるんですね。

収入が2〜3倍になっても、生活水準を上げないのであればサラリーマン時代から比べるとかなり生活が楽になるって話なんですが、その分固定費を上げちゃってたら全然生活は楽にならないかなって思うんですね。

なので、出来る限り固定費はサラリーマン時代と変えずに生活するというのがオススメかなと思います。

ですが、食費だったり、まぁちょっとした買い物であったりとか、変動費については少し位あげてもいいんじゃないかなって思います。

というのも、変動費の場合は毎月固定でかかるわけじゃなくて、自分の意思で抑えようと思ったら抑えれる支出なのでここについては、まぁそこまで厳しく抑えなくてもいいんじゃないかなと思います。

と言ってる僕も、固定費についてはフリーランスになってから、車とかを買っているのであんまり人のことは言えないんですが、僕は本当に電車が苦手で電車に乗るだけで気分が悪くなるレベルで電車が嫌いなんですね。

なので、僕にとっては半分、車と言うのは必要経費みたいなものになってますが、それ以外の固定費については、僕もサラリーマン時代からそんなに変わっていないかなと思います。

スポンサードサーチ

3. ある程度は貯金、ある程度は投資に回す

3つ目は、ある程度は貯金・ある程度投資をしておくのがオススメという話です。

そもそも日本の場合、年金制度が崩壊してるに近いので将来的なことを考えるのであれば今から投資をしておくべきかなと思います。

ただ、全額投資というのは少しリスキーなので、毎月の収入の3割位は貯金して7割位は投資するのがいいんじゃないかなと思います。

あと、金融投資もそうですが、自己投資はかなりオススメです。

自己投資で自分のスキルを向上させて、自分の体一つで稼げると言う状態を作っておくことで、まぁないと思いますけど、仮にエンジニアと言う職業がなくなったとしても、他のスキルで食べていくことができるわけじゃないですか。

最近だと、プログラミング以外でも動画編集であったり、転売であったり即金性が高く稼ぎやすい副業と言うのも増えているので、そういった情報に自己投資して自分のスキルを上げていくと言うのもオススメかなと思います。

僕自身も、金融投資は毎月してますが、それ以外にもUdemyで毎月動画を買ったり、最近は動画編集も少し勉強していますし、自分の知識に毎月数万円は投資しているかなと思います。

そんな感じで、稼ぐことももちろん重要なんですが、守りの部分(= 貯金や投資)も、特にフリーランスとして今後やっていくのであれば考慮しておくべき点なのかなと思います。

僕のTwitterやブログでは、「フリーエンジニア」「エンジニアの稼ぎ方」「リモートワーク」などについての情報を発信しておりますが、LINEマガジンでは、以下のテーマについても、より詳しく解説しています。

1. 未経験からフリーランスを目指す方法

2. フリーエンジニアになれるスキル基準

3. フリーエンジニアが年収を底上げする方法

4. エンジニアに関する『質問』『相談』にも乗っています

また、登録してくれた全員に、以下のプレゼントを準備しています(^-^)

1. 僕が月収88万を稼いだスキルシート(pdf)

2.【限定公開の動画】実務未経験から1年半でフルリモートの案件を獲得するまでにやったこと

LINEで友達登録する